IVRとSMS配信サービス連携のメリット

連携のメリット

導入するメリット お店や会社に電話を掛けたとき、人間ではなく自動音声のガイダンスが出た、という経験のある方も多いでしょう。このような自動音声応答サービスはInteractive Voice Responseの頭文字を取ってIVRとも呼ばれ、現在、多くの企業が導入しています。電話応答をIVRにすることで、電話受付にかかる人件費や社員教育などのコストを大幅に削減しつつ、時間外や繁忙時に、電話を受け損なうことによる機会損失を防ぎます。さらにお客様を電話口で長い間待たせてイライラさせることも減りますから、企業の好感度アップやクレームを減らすという面からもメリットがあります。最近では、このIVRにSMS配信サービスを連携し、賢く運用している企業が増えています。SMSはShort Message Serviceの頭文字で、携帯電話の番号さえあれば短いメッセージを送ることができるサービスですが、これを電話窓口のIVRと連動すると、こちらが見せたいサイトへ、お客様をうまく誘導することができるのです。実際のフローとしては、電話を掛けてきたお客様に対して、まずはIVRが対応し、こちらが見せたいサイトのURLを、直接お客様のスマホにSMSで送ることができます。住所変更や展示会参加申し込みなど定型の内容ならば、口頭でやりとりするよりお客様自身の手で入力して頂いた方が、人的コストがかからないと同時に、入力ミスなどの事故を防ぐことにもつながります。

導入する際のポイント

導入する際のポイントまた二段階認証や本人確認でSMS認証を採用している場合、お客様の環境によってはSMSが利用できないというケースもあります。IVRとSMS配信サービスが連携していれば、SMSで送る代わりにIVRでお客様に認証番号を読み上げて伝えることが可能です。お客様自身が入力をするだけで本人認証が可能となります。非常にメリットの多いIVRとSMS配信サービスの連携ですが、導入するにあたって、気をつけたいポイントがいくつかあります。まず1つ目は、SMS1配信あたりの単価です。SMSの送信はプライベートで使っているときには気にならない程度のものですが、ビジネスで多数のお客様にお送りする場合は、非常に大きな負担になる恐れがあります。送信はもちろん無料ではなく、1送信ごとにいくらか、SMS配信サービスによってその料金は違います。比較検討をして選ぶことをおすすめします。2つ目はセキュリティ対策です。お客様の電話番号へアクセスできるわけですから、アカウントの不正利用や、個人情報の抜き取りなどのリスクに備えたセキュリティ対策がされているかどうかは、何よりも大事なポイントです。3つ目のポイントとして、送信ルートもチェックしたいということを付け加えておきましょう。SMSの送信ルートには国際回線網と国内回線網があります。海外の国際回線を利用してSMSを送った場合、一定数の人々は国内の携帯キャリアからは、迷惑メッセージとしてSMSをブロックされてしまいます。私たちワイズヴォイスはIVRとSMS配信サービスの連携をご用意しています。お気軽にご相談ください。

PAGETOP