wifiシステム導入のメリットと設置の方法

wifiシステム導入のメリット

wifiシステム導入のメリット スマートフォンやタブレット、パソコン、「持っていない人がいない」と言っても良いほど普及し、今では一人で複数台所有していることも少なくありません。海外からの旅行者が増えたことに加えて、オフィスだけでなく家やホテル、カフェでも仕事ができるなど働き方の多様化もあり、wifiシステムやLANといったインターネット環境が必要不可欠なものとなっています。カフェやホテルを例に挙げると、wifiシステムが設置されているかが最低限の条件となっていることも多く、wifiシステムが設置されていないお店やホテルなどは、利用候補から除外されてしまうこともしばしば起こっています。このように、wifiシステムやLANの設置がないというだけで、ビジネスチャンスを逃してしまうことにつながりかねません。オフィスでは、インターネット環境が整っていないなどもっての外で、インターネットがなければ、もはや円滑に仕事をすることすらできないのです。逆に言えば、きちんとインターネット環境を整えておくだけで、カフェやホテルでは利用候補のひとつとなり、オフィスではスムーズに仕事を進めることができるということになります。wifiシステム導入には、それだけでも大きなメリットがあると言えるでしょう。実際に、多くのショッピングセンターやオフィスのほか、公共交通機関など公共の設備、サービスでもwifiの需要が高まり、設置されている施設もどんどん数を増やしています。

設置の方法

設置の方法wifiシステムを導入するには、インターネット回線とルータが必要です。インターネットは、ケーブルテレビや電話回線を使うこともできますが、普通は光回線を利用することになります。各通信会社と契約して光ファイバーを通す工事をし、設置したモデムとルータをつなげばwifiが利用できるようになります。このモデムは、光回線を契約すれば通信会社が用意してくれます。マンションなどの場合は、壁にモデムが埋め込まれている場合もあります。このように、wifiシステムの導入方法はそれほど難しくありません。しかし、ルータの置き場所やモデムからの配線などもきちんと計算しておかなければいけません。特に、ホテルなど多数の部屋でwifiを利用したい場合は注意が必要です。wifiは、ケーブル不要でインターネットが利用できる便利なシステムですが、電波が届きにくい場所では回線が不安定になり、場合によってはつながらないこともあります。そのため、どこにルータやwifiのアクセスポイントを置くか計算し、電波が不安定な場合は有線LANの接続口を設置するといった工夫が必要となるのです。工事後にインターネットへの接続がうまくいかないことがわかると、配線を最初からやり直して置き場所を調整する必要が出てしまいます。wifiシステム導入までにさらに時間がかかってしまいますし、下手をすると追加料金がかかる恐れもあります。このようなことのないように、工事前にはしっかりと調査や構成図の作成を行い、施工後には入念な通信テストをすることが非常に重要となります。

PAGETOP